山形おばこ

山形おばこについて

一足早い春を告げる桜 山形おばことは、冬に咲く桜である敬翁桜の新品種です。
山形産の桜で、山形で「おばこ」とは"嫁入り前の花嫁さん"という意味があります。
名前の通り、小さい花をたくさん付ける元気で可愛い桜です。
敬翁桜に比べると花の付き方が密なのが特徴となっています。

   めざましテレビやドラマ「冬のサクラ」でも話題になりました。
   真冬に咲く桜が、一足早い春を感じさせ
   皆さまの心を少しでも温めてくれるよう願って栽培しております。
   12月末~3月中旬に毎年、出荷しております。
   ぜひ一足早い春を感じて下さい。

おばこ

                    

なぜ製材所が桜なのか

製材所 おばこ

おばこの魅力に取りつかれた社長。 数年前より、弊社ではJFC石井農業様より苗と技術を賜り大切に育てて参りました。
桜を愛して止まない日本人として、冬でも楽しめるというのはまず魅力的でした。
ですが、それ以上に見かけの愛らしさ、持ちの良さ。
山形おばこを実際に楽しんですっかり虜になってしまいました。

数年間、咲いて欲しい時期に向けて
温度を管理していく上で苦労しましたが
その育て方の難しさもまた愛着の沸いた一つの理由でもあります。

苦労の甲斐あって今ではよく花を咲かせてくれます。
これはまるで子育てのようです。

シーズンは限られていますが、山形おばこの魅力を
皆さまにも是非楽しんで頂きたいです。

年末年始の贈呈用に

心をほっと温めてくれる贈り物 毎年12月末~3月中旬まで、贈呈のご注文・ご予約も承っております。

たくさんの方にもご評価頂き、2012年フェンローで開かれた
国際園芸博覧会でもGOLDの賞をいただきました。

ご挨拶に、心を和ませたい方へのプレゼントにいかがでしょうか。
お見積り・ご注文・ご質問などお気軽にお問合せ下さい。
TEL 0573-79-3007
FAX 0573-79-3218
info@marusu-seizai.com

山形おばこ贈呈用